コーヒーに合うお菓子 コーヒー関連雑記

コーヒーに合う砂糖はどんな種類があるか解説!オススメ商品もご紹介

更新日:

コーヒーに砂糖を入れると、絶妙な甘さが口に広がって疲れた体をしっかり癒してくれる効果があります。

そんなコーヒーに合う砂糖は、実は何種類か存在しているのです。

ラテ子
コーヒーに合う砂糖を探している方には参考になる記事だと思います♪

・コーヒー用の砂糖の種類
・コーヒーと相性抜群の商品

これらをご紹介していきますので、コーヒーに入れる砂糖選びの参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

コーヒー用の砂糖の種類はどんなものがある?それぞれを解説!

コーヒーに使用されることのある砂糖の種類はいくつかあり、それぞれが違う特徴を持っています。

甘味や癖なども違ってくるので、どんな特徴があるのか解説していきましょう。

グラニュー糖

喫茶店などでもよく使用されるコーヒー用の砂糖が、グラニュー糖であると言われています。

素朴な甘さがコーヒーの風味を損なわないため、コーヒー用の砂糖として重宝されているのが特徴です。

グラニュー糖は純度のいい糖液から作られているため、サラサラとした粒で出来ていて、コーヒーや水などに溶けやすい性質を持っています。

そのため、溶け残りが少ない砂糖としても有名なので、他にも調理やお菓子作りの際にも使っている方は多いでしょう。

クセも少なく、どんな場面でも使いやすい砂糖の種類といえます。

上白糖

グラニュー糖以上に、日本で消費されている砂糖と言われているのが、この上白糖です。

上白糖ほとんどが日本での流通で、海外での取引はありません。

少しだけであれば、アジアの一部で使用されていますが、消費している国は日本が主流になっています。

多少水分を含んでいる砂糖なため、しっとりとした粒で仕上がっていて、コーヒーにうまく溶けやすい性質なのが特徴です。

甘味やコクが強く、コーヒーに入れることで、ほどよい甘さを演出してくれます。

コーヒーの中でも苦味が強いと感じるコーヒーと相性がいいので、苦味が強くて飲めないという時に使用してみましょう。

コーヒーシュガー

コーヒーシュガーは、コーヒー専用の砂糖として氷砂糖とカラメル溶液を組み合わさって出来た砂糖です。

他の砂糖と比べると、粒が大きい傾向にあるので、溶けるまで時間がかかるのが特徴です。

コーヒーに入れてすぐに溶けるわけではないため、溶けるまでの間の味の変化が楽しめるのがコーヒーシュガーの魅力になります。

砂糖に加えてカラメル成分も含まれているので、甘味が強いのが魅力です。甘味が強い砂糖なため、苦味のあるコーヒーとの相性は抜群になっています。

三温糖

茶色の砂糖として有名なのが三温糖です。

砂糖を作る工程の中で、グラニュー糖や上白糖を取り出したあとに残った物から作られる砂糖になっています。

茶色に見える成分は、ミネラル分が豊富に含まれているので、茶色に変化して見えるのです。

独特の風味で、純粋な甘さは控えめなため、普通の砂糖とは少し違ったテイストになっています。

コーヒーに入れることで風味や味わいがかなり変化するので、純粋にコーヒーを楽しみたい方は意見が分かれることもあります。

三温糖の独特な風味を味わいたい方にはおすすめなコーヒーとの飲み方なので、どんな感じで楽しめるのか興味がある方は、三温糖でコーヒーを飲んでみてください。

ザラメ糖

砂糖の成分であるスクロースを結晶化させたのがザラメ糖です。

結晶化した状態であるため、他の砂糖がサラサラとした小さい粒なのに対して、ザラメ糖は大きい結晶の塊であるのが特徴になっています。

砂糖の成分であるスクロースを結晶化させているものなので、その甘さは他の砂糖と比べてもダントツで甘いです。

そのため、コーヒーにも甘さが全面的に出てしまうため、コーヒーの苦味や風味を味わいたいという方にはあまりおすすめできません。

苦味が強いコーヒーにも、しっかりと甘味を加えたいという方は、ザラメ糖を使って試してみると、違ったテイストが味わえるでしょう。

黒砂糖

黒砂糖は、サトウキビを煮詰めて作る砂糖で黒褐色のカラーが非常に特徴的な砂糖です。

この特徴的なカラーには理由があります。

三温糖と同じような理由で、黒砂糖もミネラル分が豊富に含まれているため、黒褐色な色合いになっています。

砂糖の中でも独特な香りで、甘味が強くコクが深いのが魅力的な砂糖です。

体内に入ることでゆっくりと消化されることから、体に優しい砂糖としても人気になっています。

黒砂糖特有の香りや甘さを体感したい方には、アレンジコーヒーとして楽しめます。

少し変わったコーヒーが飲みたい時には、黒砂糖を試してみるといいでしょう。

和三盆

香川県や徳島県など、四国地方では伝統的な砂糖として知られているのが和三盆という砂糖です。

優しい口どけに上品に感じる甘さが魅力になっています。

普段使いで使用することは珍しく、和菓子などの高級なお菓子にしか使われない砂糖といえるでしょう。

お店などに置いてあることはほとんどないため、コーヒーに使う砂糖としては知られていません。

ただ、上品な甘さがコーヒーの苦味と相性が良いです。

コーヒーに入れる砂糖としては、抜群の効果を発揮してくれます。

市販で売っていることも珍しいため、購入を検討している方は通販で取り寄せるといいでしょう。

今までに味わったことのない上品なコーヒーを楽しめるので、一度はぜひコーヒーに使ってみたい砂糖の一つです。

相性抜群!コーヒー用に使える砂糖のおすすめ商品をご紹介!

コーヒーに甘さを加えることで、優しい味に変化させてくれる砂糖。

コーヒーとの相性が良い砂糖は、いくつも商品が販売されています。

今回は、そんな方のために、おすすめできるコーヒーに使える砂糖の商品を紹介します。

コーヒーに砂糖を入れるという方は、参考にしてみてください。

三井製糖 オリジナルスティックシュガー

三井製糖から販売されているオリジナル商品になっています。

砂糖の種類はグラニュー糖が使われているので、コーヒーとの相性は抜群です。

白と茶色のデザインが素朴で使いやすく、持ち歩くことも可能になっています。

それぞれ粉末タイプのスティックシュガーなので、一度に使う砂糖を軽量する必要がないのも嬉しいポイントです。

また、合成甘味料が不使用なので、体に優しいの魅力になっています。

コーヒーとの相性や使いやすさを考慮するのであれば、おすすめの商品です。

カナスック 角砂糖 ハートシュガー ホワイト・アンバー

特別な時に使いたいコーヒー用の砂糖が欲しいのであれば、おすすめの商品になっています。

形状としては角砂糖に分類されますが、形がハート型になっているため、可愛らしいデザインに目を奪われることでしょう。

色合いはホワイトとアンバーの2種類があるので、見た目にも楽しむことができるのが、この商品の魅力の一つです。

お祝いの席や友達とのブレイクタイムにはおすすめできる砂糖なので、一度購入してみるといいでしょう。

三本コーヒー MMC スティックシュガー

シックな包装で、大人な雰囲気のあるパッケージになっています。

一回使い切りのスティックシュガーで、使用されている砂糖はグラニュー糖です。

コーヒーとの相性もよく、スリムタイプになっているので、砂糖を入れ過ぎて甘くなり過ぎてしまうのを防いでくれます。

おしゃれなカフェにも置いてありそうなスティックシュガーなので、普段使いでいつでも使用してみるといいでしょう。

持ち運びをして、出かけた先で使うのにもおすすめです。


関連記事
コーヒーミルクやクリームは何がオススメ?選び方のポイントや特徴も解説!

仕事の休憩中やほっと一息つきたいときにによく飲まれるコーヒー。 苦味や酸味があるため、ブラックでは飲めないという方も多いのではないでしょうか。 そんな時に活用できるのが、コーヒーミルク。 今回はそんな ...

続きを見る

選び方のポイント・コーヒーに使う砂糖にはこだわりを

意外と知られていない砂糖の種類には、それぞれ特徴がある事がおわかりになったと思います。

自分が好きなコーヒーの味を出せる砂糖を探してみることをおすすめします。

ラテ子
コーヒーに使う砂糖にこだわりを持つことで、自分だけのオリジナルのコーヒーを堪能できますね♪

是非、あなただけのお気に入りの砂糖を探してみてくださいね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトおすすめコーヒーSHOP

ROKUMEI COFFEE

当サイトおすすめのコーヒー通販店舗です。実店舗も運営しているショップで、豆の種類も豊富で評判も良く、当サイト経由でも非常に多くの方から支持されているオンラインコーヒーショップです。お試しセットからシチュエーション別のおしゃれなギフトセットも豊富で、上質なコーヒー豆を厳選して販売しているのでおすすめです!

-コーヒーに合うお菓子, コーヒー関連雑記

Copyright© ネクストコーヒーライフ , 2019 All Rights Reserved.