コーヒーを知る コーヒー豆の知識 コーヒー関連雑記

コーヒー豆をそのまま食べる!?メリットや効果・注意点を解説

最近になり、コーヒー豆そのものを使用したお菓子を見かけるようになりました。
チョコレートなどがコーティングされているスイーツもあり、コーヒー豆自体を直接食べることへの関心が世間でも徐々に高まってきています。
では実際にコーヒー豆を食べると、どのようなメリットや効果があるのでしょうか?

当サイト独自で調査した、コーヒー豆を食べる際のメリットや注意点について解説していくので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コーヒー豆自体の特徴や含まれる成分の効果とは?

コーヒー豆を食べるメリットの解説をする前に、コーヒー豆自体の特徴や含まれる成分を紹介していきます。

コーヒー豆自体の特徴とは?

コーヒー豆は抽出することで、一般的なコーヒーとして飲めることが可能になりますね。

豆をそのままの状態で食べる場合、ポリポリとした食感で、硬いといった印象があります。
飲料として抽出する前のコーヒー豆の状態でも、香りは高く苦味や渋味も含まれています。

当然、焙煎していない状態なので、抽出したコーヒーの時よりもさらに苦味や渋味は強く感じる傾向にあります。
そのまま食べるのは体に悪いかも?と健康的な面で気にする方もいますが、発がん性物質などもなく、食べることに関しては直接口にしても問題はないようです。

しかし、農薬を使用して作られたコーヒー豆であれば、残留農薬が体に害を及ぼす可能性が考えられます。
そういった懸念あるので、できれば無農薬で作られたコーヒー豆を選んで食べる方が健康的にも良いですね。

コーヒー豆の成分と効果効能

コーヒーの原料として使われるコーヒー豆には、様々な成分が含まれています。
そのまま食べることで、その成分が体内に入り、どのような影響を及ぼすのでしょうか?

どんな成分が入っているのかを具体的に解説していきます。

カフェイン

コーヒー豆や飲み物のコーヒーに含まれている代表的な成分が、カフェインです。
カフェインは眠気を吹き飛ばす効果があるので、仕事時や車の運転など、眠くても寝てはいけない時には効果があります。

カフェインが入っているからコーヒーを飲むという人がいるくらい、コーヒーの成分にとってカフェインは重要な役割があるといえるでしょう。
また、集中力を高める効果にも期待できるので、勉強中や仕事中に頑張りたい時には、大きな助けとなります。

コーヒー好きがコーヒーを飲む理由に『集中できるから』という人も多いです。
他にも、運動能力を向上させたり、脂肪を燃焼させる効果にも期待できるので、ダイエットを意識している方にも大きな助けとなる成分の一つです。

ただ、寝る前に摂取してしまうと、覚醒効果があるので、寝れなくなってしまう可能性があります。
睡眠前にはできるだけ摂取は控えて、コーヒー豆を食べるのであれば、日中のタイミングだけにしておきましょう。

ポリフェノール

ポリフェノールは抗酸化作用というものがあり、アンチエイジングに期待ができる成分として人気で、コーヒー豆にはそれが多く含まれています。
その量はカフェインよりも多く、コーヒー豆を食べることで、細胞の活発化の助けになっています。
コーヒー豆の色合いや香り・苦味などは、ポリフェノールが関係していると言われています。

またコーヒー豆を食べると、動脈硬化やがん予防になると言われていますが、その理由としてはポリフェノールの抗酸化能力のおかげなのではと、今でも研究の対象になっているようです。

たんぱく質

飲料としてのコーヒーの状態では含まれていませんが、コーヒー豆の状態では含まれているのがたんぱく質です。
そのままコーヒー豆として食べることで、豆特有の植物性たんぱく質を摂取することが可能になります。

たんぱく質は、髪や爪を正常に活動させるために必要な要素で、摂取することで体内の細胞が活性化します。
人間が元気に活動する上では必要な成分といえるので、積極的に摂っておきたい成分の一つです。

食物繊維

たんぱく質と同様に、コーヒー豆の状態では含まれているけど、コーヒーの状態では含まれていないのが食物繊維です。

コーヒー液として抽出すると、食物繊維は消えてしまうようです。

食物繊維には、腸の働きを助けて、便通をよくしてくれる効果に期待がもてます。
また、脂肪や炭水化物の消化も手助けしてくれるので、体に溜まらずに肥満になるのを防いでくれる効果もあります。
食物繊維は野菜に多く含まれていますが、近年では不足しがちな栄養素なので、積極的に摂取しておいて損はないでしょう。

コーヒー豆を食べる4つのメリットを解説

blank

コーヒーの原料であるコーヒー豆ですが、そのまま食べるメリットはどういうものがあるのでしょうか?

硬いコーヒー豆ですが、直接食べることで複数のメリットがあります。そのメリットについてひとつひとつ解説していきます。

メリット①口臭予防になる

コーヒー豆には、口臭を予防してくれる効果があると言われています。
単純に、口に入れるだけでも口臭予防になると。

コーヒー豆には殺菌の効果があるため、噛むだけでなく舐めるだけでも、口臭を予防する効果に期待がもてると言われています。
食後に臭いが気になる物を食べてしまった時には、コーヒー豆を口にすれば口臭の臭いも気にせず過ごすことができそうです。

メリット②眠気の防止になる

コーヒーを飲んだ時と同じように、コーヒー豆を食べることでも眠気が吹き飛ぶ覚醒効果を得られることができます。
どうしても集中したい時に食べれば、元気が出て勉強や仕事がはかどります。

しかし、コーヒー豆はコーヒーと違い、成分を抽出していないので、覚醒効果の成分が多く含まれているため、食べ過ぎには注意が必要です。
食べすぎると、目が冴えてしまって一日寝れないなどの睡眠障害を引き起こしてしまう可能性があります。

メリット③抗酸化作用がある

コーヒー豆にはポリフェノールが豊富に含まれているため、食べることで体内の酸化を防ぐ抗酸化作用に期待できます。
細胞が若い状態であれば、病気や加齢を防止してくれる可能性がより高くなります。

メリット④生活習慣病の予防も期待されている

コーヒー豆には、コーヒーの時にはない成分が含まれていて、その成分はがん予防など生活習慣病の予防に効果が期待できると言われています。
がん予防に期待されている成分は、「カフェストール」という抗発がん性の成分です。

コーヒーとして抽出した場合には、失われてしまう成分なので、コーヒー豆として食べた時だけに得られる効果です。
健康を意識するのであれば、コーヒー豆の状態で摂取するのもメリットがたくさんあっていいかもしれません。

コーヒー豆を食べる時の注意点

コーヒー豆をそのまま食べると、コーヒーとして抽出した時とは違う効果が得られます。

しかし、注意しないといけない点もいくつかあります。
そのままコーヒー豆を食べる時の注意点を解説するので、食べる時には気を付けましょう。

カフェインの量が多い

コーヒー液として抽出する時に、カフェインはある程度薄まる性質を持っています。
しかし、コーヒー豆の状態であればカフェインの含有量が多いため、直接食べると規定量を超えてしまう可能性があるのです。

品種にもよりますが、コーヒー豆3粒でコーヒー1杯分のカフェインを有しているので、食べ過ぎには気を付けましょう。
カフェインは摂取しすぎると、お腹を壊してしまったり睡眠障害を引き起こすきっかけになるので、摂取量には十分注意しましょう。

悪玉コレステロールを含んでいる

コーヒー豆の表面には油脂が多く含まれていて、直接摂取することが原因で逆に悪玉コレステロールを体内で増やしてしまう恐れがあります。
食べすぎると悪玉コレステロールが増加してしまい、血液がドロドロになって体に害になるため、コーヒー豆の状態では食べる量はしっかり調節しましょう。

農薬の危険性

輸入されているものの中には、農薬が使用されて作られたコーヒー豆があります。

そのまま食べてしまうことで、残留農薬が体内に入り、体に害になってしまう恐れがあります。
残留農薬を気にするのであれば、無農薬のコーヒー豆を選択して食べれば安全なので、品種には十分注意して食べるようにしましょう。

まとめ コーヒー豆には豊富に栄養が含まれている

コーヒー豆には、コーヒーの状態よりも栄養が豊富で、食べることで多くのメリットを与えてくれます。

しかし、摂りすぎには要注意です。
カフェインの量がコーヒーの時よりも多くなっていたり、農薬が含まれていると残留農薬が心配になってしまいます。

食べるとメリットが多いコーヒー豆は、抗酸化作用や口臭予防にもなることがわかって頂けたと思います。

日常的に利用すれば、より快適な生活を送るきっかけになることにも繋がるかもしれませんね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトおすすめコーヒーSHOP

ROKUMEI COFFEE

当サイトおすすめのコーヒー通販店舗です。実店舗も運営しているショップで、豆の種類も豊富で評判も良く、当サイト経由でも非常に多くの方から支持されているオンラインコーヒーショップです。お試しセットからシチュエーション別のおしゃれなギフトセットも豊富で、上質なコーヒー豆を厳選して販売しているのでおすすめです!

-コーヒーを知る, コーヒー豆の知識, コーヒー関連雑記

© 2020 ネクストコーヒーライフ