カフェミスト コーヒーをいれる スターバックス関連

スタバのカフェミストとは?ラテとの違いやアレンジと裏ワザについて解説!

アメリカ発祥で、現在では日本でも圧倒的人気のスターバックス。

スタバという愛称で親しまれていて、若者からも絶大な支持を得ています。

そんなスタバのメニューの中に『カフェミスト』という飲み物があります。

カフェミストとは一体どんなメニューのことなのでしょうか?

カフェ太
同じような商品でラテというものがあるのですが、混同しやすいため、詳しい内容や違いについても解説します!
スポンサーリンク

スタバのカフェミストとは?本当の意味や裏話も解説!

スタバのメニューであるカフェミストとは、ホットコーヒーとホットミルクを混ぜ合わせて作る、いわゆるカフェオレのことを指しています。

もちろん、ミルクが入っているためブラックコーヒーよりも飲みやすく、さっぱりとした味わいが特徴です。

ミルクが入っているので胃に優しいのも嬉しいポイントになっています。

よくある間違いで、カフェミストのミストとは”霧”という意味だと思っている方も多いです。

しかし実際には、イタリア語の『caffe misto』を指していて、カフェオレという意味なのです。

つまり、スタバのカフェミストはカフェオレと全く同じ意味なので、内容もカフェオレと一緒という形で覚えておくといいでしょう。

このように、スタバにはあえてイタリア表記でメニューが作成されているものがあるという特徴があります。

他にも『グランデ』や『ベンティ』といった言葉もイタリア語からきているので、知っておくとスタバがより楽しめるようになるでしょう。

カフェミストとラテの違いとは?味や中身の違いを解説

カフェミストがカフェオレであることはわかりましたが、それでは味が似ているラテとの違いは何なのでしょうか?

カフェ太
どちらも作り方は似ていますが、わざわざ別メニューで表記されているということは違いがあるということですね。

まず結論からいうと、カフェミストとラテでは、入れるコーヒーのタイプが違います。

  • カフェミストは、ホットコーヒーとホットミルクを合わせて作られた飲み物
  • ラテは、エスプレッソとホットミルクを合わせて作られた飲み物

このように、入れるコーヒーのタイプが違うためメニュー表記が分けて作られています。

もちろん味や風味も変わってくるので、どちらが好みか意見が分かれることになるでしょう。

味の特徴としては、カフェミストの方はさっぱりした味わいになっていて、ラテの方は味が濃く、少し苦味が強い傾向にあります。

どちらも飲んでみて、比較してみるのも面白いかもしれません。

家庭で作れるカフェミストの作り方とちょっとしたコツ

カフェミストは、カフェオレと全く同じ作り方で作ることが可能です。

用意するものは、ホットコーヒーとホットミルクだけで問題ありません。

この時に美味しいカフェミストを作りたいのであれば、ホットコーヒーを濃い味で準備すると、ホットミルクと上手い比率で混ざり合い、コーヒーとミルクの丁度良いテイストのカフェミストを作ることができます。

スタバで親しまれている味が、自宅でも簡単に楽しめることができるので、作ってみたい方は試してみてください。

カフェミストで使えるおすすめのアレンジ方法をご紹介

スタバで販売されているカフェミストは、自分好みの味やトッピングを自由にカスタマイズできるサービスがあります。

味を甘くしたり、反対に苦味を与えてもらうことも可能なので、同じメニューで違う楽しみ方が可能です。

その中でもカフェミストで使えるおすすめなカスタマイズがあるので、いくつか紹介します。

アレンジ①シロップの追加

カフェミストに含まれているものはホットコーヒーとホットミルクのみなので、甘味を感じるものが入っていません。

そのため、甘味が欲しい時にはシロップを追加するといいでしょう。

スタバには、店頭にいくつかのシロップが用意されています。

  • キャラメルシロップ
  • バニラシロップ
  • ヘーゼルナッツシロップ
  • アーモンドシロップ

これらのシロップは、追加料金50円で各シロップをかけてカスタマイズすることが可能です。

ラテ子
※ちなみに、Amazonなどではシロップのみも市販で購入できるので、自宅で使用したい方はチェックしてみてくださいね♪

その他に、追加料金を必要としないカスタマイズもあります。

コンディメントバーに置いてあるガムシロップ・砂糖やはちみつは自由に使用できるので、無料で甘味をカスタマイズすることができます。

これらをアレンジするだけでも、一味違ったカフェミストを堪能することができるので、一度試してみてください。

アレンジ②エスプレッソ追加

カフェミストの場合はホットミルクが入っているので、コーヒー本来の苦味や風味が薄くなっている傾向にあります。

そんな時には、エスプレッソを追加してコーヒーの味を強くしてみるといいでしょう。

エスプレッソの追加によって、いつものカフェミストとは違うコーヒーの味わいが深いカスタマイズに仕上げることが可能です。

ラテ子
深い味わいを試したい場合は、一度実践してみるといいです♪

アレンジ③ホットミルクをブラベに変更

カフェミストで使用されているのはホットミルクですが、ホットミルクをブラベに変更することで、濃厚な味にカスタマイズすることが可能です。

ブラベとは、牛乳と生クリームを1:1で混ぜ合わせたものです。

普通の牛乳よりも生クリームが入っていることで、甘く濃厚な仕上がりにしてくれます。

ブラベはイタリア語で”凝縮”という意味があり、その名前の通りブラベは凝縮されたような深い味わいを実現することが可能です。

普通のカフェミストに飽きたという方は、カスタマイズしていつもと違うカフェミストを演出してみてはいかがでしょうか。

カフェミストの実際のカロリーは?

スタバに用意されている飲み物のほとんどは、甘いものが多く砂糖が多く入っているのが特徴です。

そのため、疲れた体を癒すにはもってこいなのですが、カロリーが高くなりがちなのが悩みの種になっている方が多いでしょう。

しかし、カフェミストはスタバの飲み物の中でも比較的カロリーが低く、ショートサイズで約86kcal・トールサイズで約126kcalとなっています。

カフェミストに含まれている成分がホットコーヒーとホットミルクだけなので、カロリーが低いのは当然のことといえますね。

ただ実は、さらにカロリーを減らすことも可能です。

その方法とは、カフェミストに含まれている牛乳を低脂肪乳、無脂肪乳、豆乳に変更することになります。

変更すれば、今まで以上に低カロリーなカフェミストを堪能することが可能です。

カフェミストは”おかわりコーヒー”が可能!?お得な裏ワザもご紹介!

スタバは一度注文すると、おかわりコーヒーといって、当日のみ有効の100円でおかわりができる素敵なサービスがついてきます。

しかし、このおかわりコーヒーは基本的にドリップコーヒーのみが対象となっています。

つまり、カフェミストはおかわり価格で購入することができません。

しかし、おかわりコーヒーに近い価格で安くをおかわりをする方法があります。

その方法を解説していきます。

手順①おかわりコーヒーでドリップコーヒーを注文

手順②カスタマイズとしてスチームミルクを追加

こうすれば、内容的には実質カフェミストをおかわりすることが可能になります。

つまり、

  • ドリップコーヒーのおかわりで100円
  • スチームミルクの追加カズタマイズ料金50円

となるので、実質150円でカフェミストをおかわりすることができるのです。

少しテイストが変わってしまうかもしれませんが、内容も味も非常に似たものが作れるはずなので、一度試してみるといいでしょう。

まとめ・スタバで優しい味わいを楽しむならカフェミストがGood!!

スタバで注文できるカフェミストとは、カフェオレと同じ内容であることがわかりしたね。

カフェラテとの違いはコーヒーのタイプが違うことで、メニューの分けがされている事もわかりました。

また、カスタマイズを行えば、甘味を追加したり、苦味を追加したり、味の変化が楽しめるので、飽きのこない工夫が行えます。

おかわりのサービスを利用して、カスタマイズのスチームミルクを活用すれば、間接的にカフェミストが破格の値段でおかわりすることができるのも魅力的です。

関連記事
スターバックスを自宅で楽しむ!通販購入できるサイトと人気商品をご紹介

最近では、数々のコーヒーブランドが通販で購入することができるようになり、本格的なコーヒーが自宅で楽しめるようになってきました。 その中でも、人気の高いスターバックスが自宅で飲めるように、通販サイトで販 ...

自身で好みのテイストを探してみて、楽しいカフェミストのカスタマイズを楽しんでみてくださいね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトおすすめコーヒーSHOP

ROKUMEI COFFEE

当サイトおすすめのコーヒー通販店舗です。実店舗も運営しているショップで、豆の種類も豊富で評判も良く、当サイト経由でも非常に多くの方から支持されているオンラインコーヒーショップです。お試しセットからシチュエーション別のおしゃれなギフトセットも豊富で、上質なコーヒー豆を厳選して販売しているのでおすすめです!

-カフェミスト, コーヒーをいれる, スターバックス関連

Copyright© ネクストコーヒーライフ , 2019 All Rights Reserved.