コーヒーの知識 コーヒーを知る コーヒー関連雑記

コーヒーを飲む効果や効能7つと飲む時の注意点3つをご紹介!

コーヒーの効果や効能に関しての情報をまとめてご紹介していきます。

普段何気なく飲んでいるコーヒーですが、実は優れた効果や効能があります。

そんなコーヒーの効果・効能に関する知識を7つにまとめてそれぞれご紹介していきます!

スポンサーリンク

コーヒーを飲む効果や効能7つと飲む時の注意点3つをご紹介

眠気覚ましや休憩のひと時に飲むことが多いコーヒー。

苦味があって大人の飲み物というイメージがありますが、実際に効果や効能などはどんなものがあるのでしょうか?

今回は、そんなコーヒーについての情報と、コーヒーを飲む際の注意点3つをまとめてみました。

そもそもコーヒーとは?

コーヒー豆を原料として作られる飲み物で、コーヒー豆には多くの品種があります。

そして、豆を焙焼してから粉砕し、熱水で抽出することでコーヒー飲料として出来上がります。

コーヒーには約1,000種類の成分が含まれていて、その中にはカフェインやタンニンが入っています。

嗜好品の一つとして親しまれ、芳醇な香りや特有の苦みがあることから人気の飲料です。

効果や効能①ダイエット

コーヒーを飲むことで、脂肪燃焼を促しダイエット効果が期待できると言われています。

その理由はコーヒーに含まれているカフェインに関係しています。

カフェインを摂取することで、血液中の脂肪酸燃焼濃度が高くなり、脂肪の燃焼が促進されるのです。

特に運動の30分前に飲むことで、血中全体の脂肪燃焼濃度が高まり、ダイエット効果も上がります。

運動する前には、積極的にカフェインを摂取すると、効率のいいダイエットが行えることでしょう。

また、コーヒーに含まれているクロロゲン酸も脂肪燃焼を促進する効果があります。

メモ
ミトコンドリアに脂肪を運ぶCPT-1という酵素を活性化させる働きがクロロゲン酸にあり、その効果でミトコンドリアの動きが活発化していきます。ミトコンドリアは、肝臓内で脂肪を燃焼させてエネルギーに変換するという役割があり、活性化することで脂肪が溜まりにくい体質にしてくれます。

結果、全身に脂肪が溜まるのを防ぎ、ダイエット効果があるのです。

効果や効能②抗酸化作用

人は細胞が酸化することで、日々老化していきます。その酸化を防ぐことが抗酸化作用です。

 

コーヒーに含まれるカフェインには、抗酸化作用があるため、飲むことで老化を防止する働きに期待ができます。

 

さらにコーヒーは抗酸化作用の吸収率もいいため、酸化を防ぐために大きな効果が期待できます。

野菜や果物に含まれているビタミンも同様に抗酸化作用がありますが、コーヒーの方が吸収率も高く効果は高いことがわかっています。

効果や効能③リラックス効果

コーヒーの香りには、リラックス効果が含まれていることがわかっています。

コーヒーの香りは芳醇な香りであることが多いですが、その香りが脳波にアルファ波を生じさせリラックス効果を生み出します。

人間はリラックスしている状態には、アルファ波が多く出現します。そのため、コーヒーの香りを感じることで人は癒しの効果を与えられるのです。

 

またコーヒーの香りは焙煎することで発生するのですが、浅煎りと深煎りするのとでは、深煎りの方がよりリラックス効果が得られます。

効果や効能④肝硬変予防

アルコールの飲みすぎで生じる可能性がある肝硬変。

一度なってしまうと治すのは難しく、改善しないと肝不全や肝臓がんの原因になることがあります。

 

しかし、コーヒーを摂取することで、肝硬変の症状を改善または発症を抑える可能性があるのです。

 

実際に、1日1杯以上のコーヒーを飲むと、肝硬変の発症リスクが20%下がるという研究結果があります。

コーヒーも飲み過ぎには注意が必要ですが、1日1杯で病気のリスクが下がるのであれば、飲む価値はあるかもしれません。

効果や効能⑤二日酔いによる頭痛防止

お酒を飲みすぎると、二日酔いとなり頭痛が生じることがあります。

飲酒による二日酔いの現象は「アセトアルデヒド」によるものです。この「アセトアルデヒド」を体外に排出することで、二日酔いによる頭痛は改善されます。

 

コーヒーには飲むことで利尿作用が発生します。利尿作用により「アセトアルデヒド」を体外に排出することで、頭痛の原因を排除してくれる効果に期待できます。

 

またコーヒーは飲むことで、血管の収縮が行われます。「アセトアルデヒド」は体内に入ると、血管を膨張させる働きがあり、頭痛の原因も血管が膨張することで発症します。そこでコーヒーを飲み、血管が収縮すれば頭痛の原因も取り払われる可能性が出てきます。

 

お酒の量次第で症状は変わりますが、コーヒーによる利尿効果、血管の収縮で症状が緩和されることもあるので、二日酔いで苦しんでいる方は試してみてください。

効果や効能⑥消化促進

コーヒーは摂取することで、胃を刺激して消化液を分泌させる働きがあります。

そのため、食後にコーヒーを飲むことで、胃に入った食べ物の消化を促進させてくれます。

食べすぎてしまった時には、苦しさを紛らわすのにも飲むと症状が和らぐのでおすすめです。

空腹の状態でコーヒーを飲んでしまった場合には、消化液の分泌で胃にダメージを与えてしまう可能性がありますので注意が必要です。出来るのであれば、コーヒーを飲むタイミングは、食事後などの胃の中に食べ物が入っている状態が好ましいです。

効果や効能⑦眠気防止

コーヒーを飲むことで、眠気が引き飛ぶという感覚になる方も多いでしょう。

それはカフェインが中枢神経に作用して、覚醒効果を与えているからです。この覚醒効果が眠気防止に繋がります。

しかし、頻繁に摂取しているとカフェインに耐性ができてしまい、効果が薄れることもあります。

またカフェインを摂取することで眠気が引き飛ぶのは、中枢神経が興奮状態になるからです。

もし、寝る前に摂取してしまうと、脳が興奮状態になっているので、寝付けない可能性が出てきます。正常な睡眠を取るためにも、寝る前のコーヒーの摂取は控えるようにしましょう。

コーヒーを飲む時の注意点

数多くの効果や効能が期待できるコーヒーですが、飲む時には注意しないといけないことがあります。その注意点について紹介します。

1.コーヒーを飲むタイミングには注意

コーヒーは胃の中に入ると、消化液の分泌を促す作用があります。

そのため、胃が空っぽの状態でコーヒーを飲んでしまうと、消化液が胃粘膜を荒れさせてしまい危険です。

慢性的に胃粘膜が荒れていると、胃炎になってしまいます。

胃炎になると、胃痛や食欲不振などの症状が現れて体調を崩しがちです。

さらに悪化すると胃がんになるケースもあるので、コーヒーの摂取量やタイミングには十分注意が必要になります。

また就寝前にコーヒーを飲むと脳が興奮状態になるため、睡眠の妨げになる可能性があります。良質な睡眠を取るためにも、コーヒーを飲むタイミングは就寝の5時間前が好ましいでしょう。

2.飲んだ後の口臭に注意

コーヒーを飲んだ後は、口臭に気を付けないといけません。

コーヒーの中に含まれているタンニンやクロロゲン酸は、舌に付着して酸性になり、唾液の分泌を抑えてしまう働きがあるからです。

唾液の分泌が抑えられると、口腔内での口臭が悪化する原因になるため、飲んだ後は舌をハブラシでブラッシングしたり、水ですすぐなどの対策が必要です。

3.脱水症状に注意

コーヒーを摂取すると、コーヒーに含まれているカフェインの影響で利尿効果が現れ、トイレが近くなります。

コーヒーを摂取しても水の摂取量が少ないと、体の中にある水分が排出されてしまい、脱水症状になる危険性もあります。

また利尿効果は老廃物が排出されるので、いい効果のようにも見えますが、尿と一緒にカルシウムも排出されています。

食べ物でカルシウムを補えばいいのですが、足りないと骨が弱くなったり元気がなくなってしまうこともあります。

適度な利尿効果は健康のためにもいいですが、慢性的に飲み過ぎの場合は体に害を与える可能性もあるので、摂取量には注意が必要です。

まとめ・コーヒーは適度な量でリラックスできる

コーヒーにはたくさんの効果や効能があることがわかりました。

 

コーヒーは、脂肪の燃焼だけでなく脳波にもいい影響を与えてくれるので、体も心もリラックスできる癒しアイテムの1つです。

 

病気の予防に関しても効果が期待できるのであれば、少しずつでも飲んでみる価値はあるかもしれません。

しかし、何事も摂取量には気を付けないといけません。大量に摂取すると胃を刺激してしまったり、健康を害する結果に繋がることもあります。

また就寝前に飲むと、脳も刺激され寝付けないので、ここは注意しましょう。

疲れている時にはリラックス効果が期待できるコーヒー。適度な量を摂取して、快適な毎日を送ってください♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトおすすめコーヒーSHOP

ROKUMEI COFFEE

当サイトおすすめのコーヒー通販店舗です。実店舗も運営しているショップで、豆の種類も豊富で評判も良く、当サイト経由でも非常に多くの方から支持されているオンラインコーヒーショップです。お試しセットからシチュエーション別のおしゃれなギフトセットも豊富で、上質なコーヒー豆を厳選して販売しているのでおすすめです!

-コーヒーの知識, コーヒーを知る, コーヒー関連雑記

Copyright© ネクストコーヒーライフ , 2019 All Rights Reserved.