コーヒーを知る コーヒー豆の知識 コーヒー関連雑記

コーヒー豆の保存方法の5つのコツやポイントなどを期間別にご紹介!

コーヒー豆を焙煎する場合、豆をしっかり保存していないと味が落ちたり風味が損なわれる可能性があります。
そうなると、せっかくの休憩で飲むコーヒーの楽しみが半減してしまいます。

今回はそんなコーヒー豆の保存時のポイントや方法について解説していきます。

blank
カフェ太
保存時に役立つ重要なポイントを、保存期間も踏まえて解説していきます!
スポンサーリンク

コーヒー豆は保存しないと劣化する?

コーヒーを飲むために買ったコーヒー豆は、適切な保存方法を実践しないと味が劣化してしまう恐れがあります。
時間が経つにつれて変化は顕著に現れるようになるので、劣化しないためには、早めの対応が重要になってきます。

特に空気に触れることでコーヒー豆が酸化してしまい、味や風味が落ちてしまいがちになります。
保存するのであれば、しっかり空気に触れないように工夫する必要があります。

また、湿気に対してもコーヒー豆は弱い傾向にあり、水気を含むことでコーヒーにした時に不快な味に変化してしまう恐れがあります。
太陽光に当たってしまうことでも劣化するので、コーヒー豆は冷暗所での保存が望ましいといえるでしょう。

コーヒー豆を保存するための5つのポイント

blank

コーヒー豆を保存する前に、美味しい状態のコーヒー豆を維持するために覚えておきたい必要なポイントを5つ紹介します。

実際にコーヒー豆を購入した時にそのまま使える内容になっているので、把握しておいて損はないでしょう。

ポイント①鮮度がいいコーヒー豆を選ぶ

コーヒー豆を保存するのであれば、鮮度のいい新しいコーヒー豆を選んでおきましょう。
すでに酸化しているものや時間が経っているものがあれば、綺麗に保存しても封を開けた時に劣化してしまっている恐れがあるためです。

美味しいコーヒーを飲むことを考えるのであれば、素材の鮮度は重要な要素の一つです。
そのためにも、保存するコーヒー豆は買ったばかりのものを保存することをおすすめします。

ポイント②密閉できる容器を確保する

コーヒー豆を保存するのであれば、しっかり密閉できる容器を準備しておきます。
空気が入ってしまうと、酸化してしまうので品質が落ちないようにも、容器には十分注意します。

コーヒー豆専用の容器も販売されているので、用意できるのであれば専用の容器が望ましいでしょう。
専用の容器でなくてもタッパーやジップロックでも酸化を防ぐことが可能です。

また容器はプラスチックのものよりも、ガラス瓶の方が劣化せずに見た目も綺麗に残しておけるメリットがあります。
冷蔵庫で保存する際にも、ガラス瓶であれば他の食品の臭いが移る可能性も少ないので便利です。

保存する際には結露にも注意しないといけないので、急な温度変化を与えないように気を付けましょう。

blank
ラテ子
下記のようなコーヒー豆専用の保存ボトルはオススメです♪

ポイント③コーヒー豆が美味しい状態を維持する期間

焙煎する方法や保存方法にもよりますが、コーヒー豆が美味しい状態を維持する期間はある程度決まっています。
その期間を目途に、出来るだけ古いコーヒー豆は早めに使ってしまうようにしましょう。

コーヒー豆が美味しい状態を維持できるのは、1ヶ月ほどです。
長ければ2ヶ月は持ちますが、それ以降を過ぎれば徐々に味や風味が落ちてしまう傾向にあります。

もしコーヒー粉であれば、2週間や3週間ほどで風味が落ちてしまうと言われています。
新鮮な状態でもこのくらいの保存期間なので、購入したコーヒー豆やコーヒー粉が古ければ、さらに劣化は早いと予想されます。

美味しく飲みたいのであれば、保存期間を目安にコーヒーに焙煎して飲んでしまうようにしましょう。

ポイント④保存しても味が落ちる可能性はある

鮮度のいいコーヒー豆を選んで密閉できる容器で保存したとしても、購入した当時と同じ味で飲めるとは限りません。
しっかり保存をしていれば、味や風味が落ちにくいといっても完全に劣化が防げるわけではありません。

そのため、保存していれば絶対に劣化しないという油断はしないようにしましょう。
一定の保存期間を超えればさらに味や風味は落ちていくので、美味しい状態でコーヒーを飲みたいのであれば、いつまで飲むか調整するようにしましょう。

また、完全に保存をしていても時間が経ち過ぎたものに関しては、残っているのがもったいないと感じても、体に害を及ぼしてしまう可能性があります。

そういった場合は、無理に飲まないようにしましょう。

ポイント⑤コーヒー豆の鮮度は粉の膨らみでわかる

保存していたコーヒー豆の鮮度を確かめる方法として、一つ試せるものがお湯をかけた時の膨らみです。
新鮮なコーヒー豆は、お湯をかけると膨らむ特徴があります。

そのため、劣化しているコーヒー豆は膨らまない可能性があります。

膨らまないと焙煎から時間が経ち過ぎている証拠なので、味や風味が落ちてしまっていることがわかります。

ただ、これはあくまで参考程度の情報なので、鮮度のいいコーヒー豆が絶対にお湯をかければ膨らむというわけではありません。
膨らまないコーヒーでも美味しい場合もあるので、保存期間が過ぎていないのであれば、飲んで確かめてみると良いです。

コーヒー豆の【期間別】保存方法

blank

コーヒー豆は、焙煎から時間が経つにつれて徐々に劣化が始まっていきます。

blank
カフェ太
期間によってコーヒー豆の保存方法が変わってくるので、期間別のオススメの保存方法をまとめてみました!

1週間は常温で保存

コーヒー豆を1週間で使ってしまうのであれば、常温で保存しておいても問題はありません。
しかし、日光に当たってしまうと劣化が進むので、遮光性の高い缶などで保管しておくようにしましょう。

また焙煎1週間以内であれば、ガスの放出が収まっている状態なので、飲むのには丁度いいタイミングであるといえます。
基本的に、購入したコーヒー豆は1週間以内に全部使い切る程度の量を購入することをおすすめします。

1週間程度でコーヒー豆を使うのであれば、冷蔵庫に入れるのは反対に風味を損なう可能性があります。
逆効果にならないためにも、早めに使うのであれば常温保存がおすすめです。

2週間は冷蔵庫で保存

コーヒー豆を使い切るのに、2週間はかかるという方は密閉できる容器で、冷蔵庫で保存することをおすすめします。
1週間を過ぎた辺りから、酸化が顕著に現れてくるので、常温で保存していると味や風味が落ちてしまう可能性があります。

密閉する時には、完全に空気が入らないように、使う度に容器の中の空気を抜くようにしましょう。
少しでも入っていると、酸化が進んでしまい劣化する恐れがあります。多少の変化は仕方ないですが、できるだけ空気を抜く方が美味しく保存できます。

1ヶ月は冷凍庫で保存

コーヒー豆を1ヶ月かけて使い切る場合には、密閉できる容器を使って冷凍庫で保存する方法がおすすめです。
1ヶ月経つと、コーヒー豆の劣化は顕著に現れるようになるので、できれば2週間以内に飲むように心がけましょう。

しかし、冷凍庫でしっかり保存できていれば、解凍してコーヒーにしても美味しく頂けます。
ただ、鮮度のいい状態と比べると、多少品質は落ちているかもしれません。

また上手にコーヒー豆を保存するのであれば、3つずつ程度に小分けにすると良いです
1週間以内に飲めるもの、2週間以内に飲めるもの、1ヶ月以上はかかるものなど、初めのうちに想定して分けていれば、品質をそれぞれ落とさずに済むので、購入した時に考えておきましょう。

まとめ

コーヒー豆は、保存をしっかりしていないと酸化して、味や風味が落ちてしまいやすい傾向にあります。
そのため、美味しく飲みたいのであれば、鮮度のいい豆を選ぶことや保存するための容器を事前に準備しておくことが重要です。

また、綺麗に保存していたからといって、完全に鮮度のいい状態と同じ味や風味が出せるわけではありません。
多少の劣化はあるので、それは理解しておく必要があります。

保存方法も1週間以内であれば、常温で問題ありませんが、それ以降の場合は冷蔵庫や冷凍庫で保存する必要があります。

blank
ラテ子
保存する期間を事前に想定しておいて、保存方法を使い分けておきましょう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトおすすめコーヒーSHOP

ROKUMEI COFFEE

当サイトおすすめのコーヒー通販店舗です。実店舗も運営しているショップで、豆の種類も豊富で評判も良く、当サイト経由でも非常に多くの方から支持されているオンラインコーヒーショップです。お試しセットからシチュエーション別のおしゃれなギフトセットも豊富で、上質なコーヒー豆を厳選して販売しているのでおすすめです!

-コーヒーを知る, コーヒー豆の知識, コーヒー関連雑記

© 2020 ネクストコーヒーライフ