コーヒーの知識 コーヒーを知る コーヒー豆の知識

サードウェーブコーヒーとは?意味や特徴・魅力などを徹底解説

更新日:

コーヒー好き・知識を増やしたいという方なら、”サードウェーブコーヒー”という言葉時々耳にすることがあると思います。

その言葉自体がトレンドになっていると言われていますが、その意味自体はよく知らない方も多いと思います。

今回は、そんなサードウェーブコーヒーに関してを解説していきます。

  • サードウェーブコーヒーってなに?
  • サードウェーブコーヒーの魅力
  • 今後のコーヒートレンドはフォースウェーブになる!?
カフェ太
これらの情報をわかりやすくまとめてみてたので、参考にしてみてください!
スポンサーリンク

サードウェーブコーヒーとは

サードウェーブコーヒーとは、その名の通り”第三の波で流行しているコーヒー”です。

コーヒー文化が盛んになり、時代とともにコーヒーのトレンドも変わります。

つまり、今回のコーヒー文化の波がサード、第3番目の流行ということです。

ということは当然、ファースト、セカンドウェーブコーヒーがあったということになります。

カフェ太
このファースト・セカンドウェーブコーヒーも解説していくと、更に理解が深まるので解説していきます!

ファーストウェーブは、19世紀後半から1960年代までのコーヒーが流行した時代のことです。
実はこの頃すでに、コーヒーは大量生産・大量消費されていました。

また、この世代にコーヒーというものが世間一般でも流通して広まったことから、一般人でも親しめるような安価なコーヒーも開発されるようになったのです。

セカンドウェーブは、1960年代にシアトル系コーヒーチェーンなどが出てきて、高品質のコーヒーが一般家庭に普及されるようになり始めた時代のことです。

このセカンドウェーブコーヒーの時代は、安価なコーヒーよりも深煎りで高品質の豆を使ったコーヒーが主流のコーヒーが人気の時代でした。

このように、ファースト・セカンドと人気のコーヒーは、時代の流れと共に変化してきました。

そして、現代でトレンドとなっているサードウェーブコーヒーは、各工程を一貫して管理する、スペシャルティコーヒーが人気の時代です。

現代は、安価で高品質なコーヒーを飲めるようになってきたことから、次の人気のコーヒーは、産地の価値が明確に表示されている特別感のあるコーヒーが話題になっています。

豆の素材や淹れ方にこだわり抜いたコーヒーが楽しめるので、体にも優しい安全なコーヒーを楽しめるのが魅力です。

関連記事
スペシャルティコーヒーとはどんなコーヒー?詳しい解説やおすすめ店舗もご紹介

美味しいコーヒーの証拠であると言われている”スペシャルティコーヒー”。 最近では通販サイトなどでもスペシャルティコーヒーの販売を見かけることが多くなりましたね。 しかし、そもそもスペシャルティコーヒー ...

ラテ子
つまり、サードウェーブコーヒーとは、
産地・コーヒーの価値・工程などが管理されているスペシャリティコーヒーが人気の時代のことを指しています。

この章のまとめ

  • サードウェーブコーヒーは、三度目のトレンドで流行したコーヒー
  • ファースト・セカンドコーヒー同様、時代の流行とともに人気のコーヒーが変わっている
  • 産地等を明記したスペシャリティコーヒーと呼ばれるコーヒーなどが人気の時代

サードウェーブコーヒーの魅力や特徴を解説

産地特有の魅力的なコーヒーを楽しむことができるサードウェーブコーヒーには、特徴や魅力がいくつかあります。

それぞれの特徴と魅力を紹介していきます。

シングルオリジンで個性的な味わいが楽しめる

サードウェーブコーヒーの特徴は、産地特有のこだわりのスペシャルティを楽しめることにあります。

スペシャルティコーヒーは、ブレンドされていない「シングルオリジン」が使用されているので、そのコーヒー豆自体の風味や飲みごたえを満喫することが可能です。

一般的に販売されているコーヒーは、いくつものコーヒー豆がブレンドされていて、風味などにバラツキがある可能性があります。

しかしシングルオリジンは、一つのコーヒー豆を使用して、オリジナルティのあるコーヒーが飲めます。

サードウェーブコーヒーならではの、バラつきがない風味があるのも魅力。

コーヒー豆の個性的な味を追求したいのであれば、サードウェーブコーヒーを飲んで、独自の飲みごたえを試してみるとわかりやすいです。

浅煎でコーヒー本来の個性が際立つ

サードウェーブコーヒーの特徴として、浅煎で強い酸味を感じるというのがあります。

浅煎にすることでコーヒー豆本来の味を楽しめるので、素材にこだわっているサードウェーブコーヒーだからこそ、浅煎にした方がコーヒーの味を楽しむことができるのです。

また、サードウェーブコーヒーを飲むと、酸味が全面的に出てくるので、飲みごたえが爽やかでスッキリとした味わいになっているのが魅力になっています。

ブレンドコーヒーであれば、浅煎にしてもコーヒー本来の味わいが明確に出ることは難しいのです。

サードウェーブコーヒーの素材にこだわっているからこそ、楽しめる味は特別感のあるものであることがわかるでしょう。

ダイレクトトレードで確かな品質

本来であれば、コーヒー豆が消費国であるコーヒー会社の手に渡るのは、いくつかの仲介業者を介することがほとんどです。

しかしサードウェーブコーヒーの特徴は、コーヒー豆の生産者から直接コーヒー会社の手元に届けられるように、ダイレクトトレードが行われています。

そのため、コーヒー会社が直接品質を確認しているので、高品質のものを仕入れることができるのです。

また、仲介業者を通すことなく取引を行うことができるため、単価としても比較的安い金額でやり取りすることができます。

ダイレクトトレードが実施されているからこそ、消費者の元には高品質でありながら安価な金額で、本格的なコーヒーが届けられているのです。

ハンドドリップで豊かな香りを実現

サードウェーブコーヒーは、喫茶店などのお店で堪能することもできます。

その時に行われるのが、ハンドドリップです。

ハンドドリップを行うことで、1杯ずつ丁寧にコーヒーを入れることが可能で、香りが豊かな淹れたてのコーヒーを満喫することができます。

コーヒーマシンで淹れることが主流であった時代から、喫茶店や市販の器具などで気軽にハンドドリップで一つ一つ淹れ立てを個人が堪能するようにできるのが、サードウェーブコーヒーの魅力の一つなのでしょう。

この章のまとめ

  • サードウェーブコーヒー(スペシャリティコーヒー)は、1つの豆しか使わない”シングルオリジン”で作られる
  • 酸味が強めで飲みごたえがスッキリ
  • 生産者との直接的な豆の取引によって安価で高品質な豆が多い
  • サードウェーブコーヒーは、マシンではなくハンドドリップが主流

まとめ・次の時代は”フォースウェーブコーヒー”へ移行する?

サードウェーブコーヒーの意味や特徴などは参考にしていただけたかと思います。

ラテ子
喫茶店やカフェ・自宅でも美味しくサードウェーブコーヒーが楽しめる現代は、人々のコーヒーライフが豊かになったことの象徴ですね♪

しかし、海外ではすでに、サードウェーブコーヒーから、フォースウェーブコーヒーへの移行が進んでいるとも言われています。

サードウェーブコーヒーでは、産地独特のシングルオリジンであることで、コーヒー単体の味を楽しむことができるのが魅力でした。

フォースウェーブコーヒーでは、誰が淹れたのかということに対しての違いが魅力になります。

例えば、コーヒーのバリスタ大会での優勝者が淹れたコーヒーは、香りがよく淹れ立てを楽しむことができます。
フォースウェーブコーヒーでは、このような更に一段とこだわり・特別感が求められる時代になるのです。

時代の進歩に従って、コーヒー文化が成長していくのは面白いものがあります。

サードウェーブコーヒー・フォースウェーブコーヒーを今後も時代が進むにつれ、コーヒーのトレンドも変わっていきます。

コーヒー好きの方なら、こういったサードウェーブコーヒーのシングルオリジンでしか味わえないコーヒーや、

有名なコーヒー店やバリスタの店舗があればフォースウェーブコーヒーを堪能してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトおすすめコーヒーSHOP

ROKUMEI COFFEE

当サイトおすすめのコーヒー通販店舗です。実店舗も運営しているショップで、豆の種類も豊富で評判も良く、当サイト経由でも非常に多くの方から支持されているオンラインコーヒーショップです。お試しセットからシチュエーション別のおしゃれなギフトセットも豊富で、上質なコーヒー豆を厳選して販売しているのでおすすめです!

-コーヒーの知識, コーヒーを知る, コーヒー豆の知識

Copyright© ネクストコーヒーライフ , 2019 All Rights Reserved.