コーヒーの知識 コーヒーを知る

【参考】コーヒーを飲んで吐き気がした時の原因や対処法を解説!

飲料として親しまれて飲まれることの多いコーヒー。
休憩の時にリラックスするためや眠気を防止するために飲む人もたくさんいます。

そんなコーヒーを飲むことで、気分が悪くなったり吐き気がする方には、ある原因が体内で発生しているのです。

コーヒーを飲むことで、どんな原因が発生しているのか?その対処法も合わせて解説します。

スポンサーリンク

コーヒーを飲んで吐き気がする原因を解説

コーヒーを飲むことで吐き気がするのには、いくつか原因が考えられます。

主にコーヒーに含まれている成分が関係していると言われていますが、どんなことが原因なのでしょうか。

カフェインによる胃液の分泌

コーヒーに含まれている成分の中で、一番メジャーともいえるのがカフェインです。

実はカフェインには、胃液の分泌を促進させ脂肪を分解してくれる働きが備わっています。

本来であれば、胃液の分泌を促進することで食べ物の消化を手助けしてくれて、ダイエットや健康にもいい影響を与えてくれるのです。

しかし、コーヒーの摂取量が多くなると、胃液や胃酸の分泌量が増えてしまい胃にダメージを与えてしまうことがあります。

結果、吐き気が発生する原因となってしまうのです。

特に空腹の時は、胃の中に何もない状態のため、コーヒーだけを飲んでしまうと胃液が直接胃に刺激を与えることに繋がるので、何か食べてからコーヒーを摂取するようにしましょう。

寝起きですぐにコーヒーを飲んでしまうと、気持ち悪くなってしまう方が多いのも、空腹の状態では胃に負担がかかっていることが原因であると考えられます。

カフェインによる神経への影響

カフェインは摂取することで、交感神経を刺激して興奮状態にする効果があることがわかっています。

そのため、コーヒーを摂取すると、眠気を防止して集中力を高めることができるのです。

しかし、コーヒーの摂取量が多くなるにつれて、興奮状態が続き、自律神経に悪影響を及ぼす可能性が考えられます。

自律神経が乱れると、内臓系が弱る傾向にあるので、カフェインによる興奮状態の影響かから、吐き気が発生する原因になるようです。

集中したい時には、カフェインの影響は大きいものがありますが、効果に頼っていては、内臓系に負担がかかってしまうことに繋がるので、飲み過ぎには注意が必要になるでしょう。

コーヒーの酸化

コーヒーのみならず他の食べ物や飲み物にも言える事ですが、モノが古くなってくると酸化していく傾向にあります。

酸化してしまったコーヒーは、胃が荒れてしまう原因にもなります。

酸化したコーヒーの簡単な見極め方の特徴をご紹介します。それは、酸っぱい香りや味がするという点です。

いつものコーヒーの味と違うと感じたのであれば、それは古いコーヒーで酸化している恐れがあります。

もしそのまま、古いコーヒーであることを知らずに飲んでしまうと、

吐き気の原因になることも考えられるので、賞味期限には注意しておきましょう。

また、インスタントコーヒーでありがちなのが、蓋の閉め忘れです。

蓋を閉め忘れてしまうと、それだけインスタントコーヒーが酸素と結びつくきっかけを与えることになるため、

きっちり飲んだ後は蓋を閉めるように心がけましょう。

コーヒーで吐き気がした際の対処法5つ

コーヒーを摂取することで発生する原因については、いくつか紹介しました。

その吐き気毛が発生した時には、どのような対処法を行使すれば、症状を改善することができるのでしょうか。

吐き気が発生した際の対処法について、いくつか紹介します。

食事を控える

コーヒーを摂取し過ぎた時には、胃の負担を減らすために、吐き気が治まるまで食事を控えることが吐き気の症状を進行させない対処法になります。

胃に負担がかかって吐き気が生じている状態なので、脂っこいものや甘いものなど、さらに胃に負担がかかる重い食事は控えるようにしましょう。

どうしても空腹が我慢できない場合には、おかゆなど比較的胃に優しい食事を食べるように心がけることをおすすめします。

消化のいいものであれば、それほど胃に負担がかかることもないので、吐き気がする時は、食べるものには十分注意しましょう。

深呼吸をして気持ちを落ち着かせる

息を深く吸い込む深呼吸を行うことで、気持ちを落ち着かせて自律神経のバランスを整える効果が期待できます。

自律神経のバランスが整えば、吐き気が治まることもあるので、気軽に試せる対策方法として活用することが可能です。

また、深呼吸することで胃のリズムも正常に戻すきっかけになるので、吐き気が治まらない時は一度試してみるといいでしょう。

軽い運動で血流の流れを促す

自律神経の乱れが原因で吐き気が発生している場合、交感神経を興奮状態から整えることで、吐き気が改善される可能性があります。

対策方法としては、血流の流れをよくすることで、交感神経の興奮状態を正常に戻すことができるので、簡単に軽い運動を行って血流の流れをよくする方法を試してみるといいでしょう。

また、運動によって体が温まると、自律神経の調子も整うことが予想されるので、体温を温めることを優先的に考えましょう。

そのため、運動でなくても、軽いストレッチで体温が上昇できれば問題ありません。

水を飲む

コーヒーを飲むことで吐き気が発生しているのであれば、体内に入っているカフェインの濃度を下げれば、吐き気が治まる可能性があります。

そのため、水を飲めばカフェインの濃度を下げるきっかけになり、吐き気の症状を和らげてくれるでしょう。

ただ、冷たすぎる水では、反対に胃の負担になったり、お腹を壊してしまう恐れがあるので、用意できるのであれば、常温の水を飲む方がおすすめです。

生姜湯で体を温める

生姜は胃の調子を整えて、体を温めてくれる効果に期待がもてます。

そのため、生姜湯として飲めば、吐き気を改善してくれるでしょう。

作り方としては、お湯の中におろした生姜を小さじ1杯程度いれて作ります。

飲むことで徐々に温まってくるので、気持ちも落ち着いてくるでしょう。

コーヒーを飲むことで発生する吐き気の3つの予防法

吐き気が出てから対処方法を実践しても効果がないという方は、予防法を覚えておくといいかもしれません。

ただ、人にとって予防法として活用できたことでも、胃の調子は個人差があるものなので、どんな人でも活用できるものではありません。

そのため、あくまでも参考程度に覚えておくといいでしょう。

コーヒーは1日に3杯に抑える

カフェインの摂り過ぎで吐き気が発生するのを防ぐために、コーヒーの飲む頻度を1日に3杯程度に抑えてみるといいでしょう。

3杯程度でも気分が悪くなるようであれば、さらに量を減らすなど工夫が施せるので、まずは自分の許容範囲を把握することをおすすめします。

飲むタイミングを考慮する

空腹時に飲んでしまうことで、胃液が分泌されて吐き気が発生してしまうことが考えられます。

吐き気が発生しないためにも、朝に起きてコーヒーを飲むのではなく、食事をしてから飲むなど飲むタイミングを工夫しましょう。

また、夜の寝る前にコーヒーを飲んでしまうと、興奮状態になって眠れなくなる恐れがあるので、最低でも寝る3時間前にはコーヒーを飲まないように心がけましょう。

牛乳を入れる

カフェオレのように、コーヒーの中に牛乳を入れると、胃の中に粘膜をはって胃が荒れることを防いでくれます。

ブラックコーヒーでは胃が荒れてしまうという方でも、牛乳を入れて胃の負担が軽減できれば、自然に飲めるという方もいるので実践してみましょう。

コーヒーによる吐き気を抑えるために自分の体質を理解する

カフェインによる影響で、胃に負担を感じることで生じる吐き気には、体質が大きく関わってくるため、自分はどの量のコーヒーを飲めば、吐き気が発生するか、しっかり把握しておく必要があります。

体質を理解しておけば、今日はどれくらいのコーヒーを飲めば問題ないのか、自分で管理を行うことが可能です。

また、対策方法としても、飲み過ぎたと感じれば、水を多めに飲むなどの方法も実践できるので、吐き気が生じるという方は、まず自分の体質を把握しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトおすすめコーヒーSHOP

ROKUMEI COFFEE

当サイトおすすめのコーヒー通販店舗です。実店舗も運営しているショップで、豆の種類も豊富で評判も良く、当サイト経由でも非常に多くの方から支持されているオンラインコーヒーショップです。お試しセットからシチュエーション別のおしゃれなギフトセットも豊富で、上質なコーヒー豆を厳選して販売しているのでおすすめです!

-コーヒーの知識, コーヒーを知る

Copyright© ネクストコーヒーライフ , 2019 All Rights Reserved.