コーヒーの知識 コーヒー豆の知識

スペシャルティコーヒーとはどんなコーヒー?詳しい解説やおすすめ店舗もご紹介

更新日:

美味しいコーヒーの証拠であると言われている”スペシャルティコーヒー”。

最近では通販サイトなどでもスペシャルティコーヒーの販売を見かけることが多くなりましたね。

しかし、そもそもスペシャルティコーヒーとは、どういったコーヒーのことを指しているのでしょうか?

当サイトで、スペシャルティコーヒーとは何なのかに関して、詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

スペシャルティコーヒーとは?詳しく解説!

スペシャルティコーヒーとは、一言で言えば『一定の条件を満たした生産工程のもと、消費者が美味しいと評価し満足されるコーヒー』のことです。

一定の条件というのは具体的に言うと、SCAJのカップ評価基準に基づいて、コーヒーの液体の風味や質を判別・区分して定められます。

また、コーヒーの液体だけでなく、コーヒー豆にも基準が設けられていて、現時点では各生産国の規格に合っているかを条件としており、欠点豆についてはSCAJの基準を参考に判別・区分されているのが特徴です。

関連記事
コーヒーピラミッドとは?ランク付けの基準や種類も解説!

コーヒーの中には”コーヒーピラミッド”と言われる品質の違いを表しているコーヒーの種類がいくつかあります。 コーヒーピラミッドの違いによって、味も風味も異なるのでしょうか? 今回は、当サイトで独自で調査 ...

続きを見る

この一連の判断基準は総称で”From seed to cup (コーヒーの豆からカップまで)”と言われています。

また、購入者に提供するまで、一貫した体制・工程・品質管理が徹底して行われているかということも重要になります。

味が損なわれる原因となることの多い、欠点豆の混入がないように、選別をしっかり行っているかがスペシャルティコーヒーに選ばれる上で大切な項目になるのです。

参考URLhttp://www.scaj.org/about/specialty-coffee

スペシャルティコーヒーの7つの判定・評価の基準を解説

普通のコーヒーとスペシャルティコーヒーを区別される際には、ある判定・評価の基準が設けられています。

どんなことが判定・評価基準となるのか、概要を紹介していきましょう。

①コーヒー自体のクオリティの高さ

スペシャルティコーヒーになるためには、まず基本的なコーヒーとしての品質がいいことを証明しないといけません。

つまり、クオリティの高いコーヒーほど、スペシャルティコーヒーに選ばれやすいということになります。

クオリティが高いコーヒーというのは、コーヒーに雑味や風味に欠点が全くないかということが重要です。

雑味や風味に欠点が生じてしまうと、生産地の特性で出来るコーヒーの特徴がハッキリしなくなってしまう恐れがあります。

スペシャルティコーヒーに大切なのは、生産地の特性がクリアに出るように、コーヒー本来の味わいを演出できているかということになるので、クオリティが高くないと、選ばれない可能性が出てくるでしょう。

  • ポイント:コーヒーの風味や雑味に欠点がないこと

②コーヒーの甘さが十分に出ているか

コーヒーのチェリーが収穫された段階で、熟度が良好で甘さが十分に出ているかという点においても判定されます。

実質的にコーヒーが焙煎された状態のもので、糖度が高ければいいというものではなく、甘さを印象付ける成分・要素が含まれているかが重要です。

反対に含まれている糖分が十分でも、苦味や酸味、渋味で甘さが阻害されている場合は、十分に甘さが演出できていないと判断されることがあります。

そのため、甘さを引き出すために、欠点豆を除去して雑味や汚れが発生しない気を付けられています。

  • ポイント:十分に甘さが発揮できていること

③酸味の質

コーヒーの酸味がクリアで爽やかな口当たりであるかを評価する基準として、酸味の質も評価対象となります。

酸味がいいものは、コーヒーの繊細や爽快感を演出してくれるものなので、ただ酸味が強ければいいというものではありません。

むしろ、酸味が強すぎるコーヒーや不快と感じるような酸味であれば、評価が低い傾向にあります。

また、爽やかでないコーヒーやキレのないコーヒーというのも、スペシャルティコーヒーとして評価されないので、ほどよい爽やかな口当たりを実現することが大切です。

  • ポイント:コーヒーの酸味が”爽やか”で”キレがある”かどうか

④飲んだ時の口当たりの良さ

コーヒーを飲むことで、口当たりの質によって評価が決められます。

口当たりの中には、粘り気や密度・濃さや重さなどの感覚や触感で判断されるというのが特徴的です。

他にも、舌触りの滑らかさも重視されているので、飲んだ瞬間にザラツキがあるようなコーヒーでは、スペシャルティコーヒーとして評価されないことがあります。

  • ポイント:飲んだ口当たりの総合評価が良いこと

⑤コーヒーの風味の特性が活かされているか

スペシャルティコーヒーであることを判定・評価するため、重要な要素となるのが風味です。

栽培管理・収穫・生産処理・選別・品質管理などを一貫して行うことで、産地特有のコーヒーの風味が実現できます。

反対に、一つでも生産工程が管理できていないと、思っていた通りの風味を演出できないので、スペシャルティコーヒーとして認められない可能性が出てくるのです。

十分なコーヒーの風味を実現するためにも、生産工程を一貫して行い、風味を損なわない工夫が施されていることが大切になります。

  • ポイント:一貫した生産工程でしっかりとコーヒー豆の個々の風味を保てていること

⑥後味の印象

コーヒーを飲んだ後に出る後味は、コーヒーの特性によって、特徴は異なります。

その際に、後味を強める場合や弱める場合があるので、その後味の印象を判定・評価されるのです。

中には、コーヒーの雰囲気を台無しにしてしまう後味になってしまうコーヒーもあるため、飲んだ後味はコーヒーの品質を決める上でも重要な役割を担っています。

コーヒーの後味が、甘さの感覚で消えるのか、刺激によってかき消されるのかでは大きな違いなので、どんな後味を演出するのかも、スペシャルティコーヒーになるためにイメージしておかないといけません。

  • ポイント:飲んだ後の後味の印象が良いかどうか

⑦全体の味のバランスの良さ

コーヒーの味のバランスがいいものは、もちろんスペシャルティコーヒーとしても優れているものがあります。

その中で、突出しているものや欠けているものは、スペシャルティコーヒーに選ばれない可能性があるのです。

特に、苦味が強すぎたり、雑味が出ているものに関しては、バランスを乱す対象として判断されることがあるので、味をしっかり調和させることは、コーヒーの味を決める上で重要なことになります。

  • ポイント:総合的に見た味のバランスがしっかりとれているかどうか

”スペシャルティコーヒー専門”で販売しているおすすめの通販店舗をご紹介

スペシャルティコーヒーは、一貫して生産工程を管理しているか、欠点豆を除去しているかなどが選ばれる基準となっていて、SCAJのカップ評価基準に基づいて、スペシャルティコーヒーと評価されていることがわかりました。

判定・評価基準も厳しいものがあり、大きく分けて7つもの基準が設けられている狭き門なのです。

選ばれたスペシャルティコーヒーは、そんな厳しい基準から認められた物なので、品質は確かなものであることがわかるでしょう。

ラテ子
そんなスペシャルティコーヒーを専門に扱うおすすめの通販店舗をご紹介します♪

様々な店舗・通販でスペシャルティコーヒーは販売されています。

その中でもROKUMEI COFEEは初心者の方でも非常に買い物がしやすいコーヒー通販サイトだと思います。

⇓⇓すぐにROKUMEIコーヒーのサイトを見るならコチラ⇓⇓

サイト自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー

他の記事で詳しく紹介しているので、スペシャルティコーヒーを飲んでみたい!という方は是非見てみてくださいね♪

こちらもおすすめ!


関連記事
ドイコーヒー(土居珈琲)と珈琲きゃろっとの違いは何?価格や特徴を徹底比較!

コーヒーは、本格的淹れるものからインスタントコーヒー・ドリップパック・コンビニコーヒーなど、その方法は様々ですね。 コーヒー豆を直接頼んでドリップした本格的で新鮮なコーヒーは、やはり美味しく楽しめるこ ...

続きを見る

普通のコーヒーとは一味違うものが楽しめるので、ぜひ一度スペシャルティコーヒーを試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当サイトおすすめコーヒーSHOP

ROKUMEI COFFEE

当サイトおすすめのコーヒー通販店舗です。実店舗も運営しているショップで、豆の種類も豊富で評判も良く、当サイト経由でも非常に多くの方から支持されているオンラインコーヒーショップです。お試しセットからシチュエーション別のおしゃれなギフトセットも豊富で、上質なコーヒー豆を厳選して販売しているのでおすすめです!

-コーヒーの知識, コーヒー豆の知識

Copyright© ネクストコーヒーライフ , 2019 All Rights Reserved.